「ゆうえる」ワンエピソード:2011年10月

おりなす倶楽部は好奇心

2011/10/25
ゆうえる介護ショップの隣の隣、おりなす倶楽部では『大人の寺子屋』と題して、パソコン、iPad、カメラ、ヨガ、など沢山のカルチャー教室があります。

 また一風変わった『カフェカルチャー』では、「私、教えてあげるよ~」とそこのあなた!が先生になって、お茶をしながらワイワイ学べる、そんな吹田市 津雲台近隣のシニアコミュニティの場であります。

様々な活動を続けている、おりなす倶楽部ですが、そんなある日の事。以前からオファーさせいただいていた三味線の先生から「いいよ 教えてあげますよ」と言っていただけたとのことで早速、練習の席へおじゃましました。

三味線.jpg

演奏中は真剣そのもので、皆さん息ぴったり!

色々とお話も聞かせていただいたのですが、知っておられました?三味線の胴(ボディ)は猫のお腹の皮だということを!「私の三味線は犬よ」って、最初は冗談かと思っていたのですが、本当でした。Wikipediaで確認しました(笑)

天神.jpg

最初は確かに難しいけれど、皆で合わせる楽しさがある。 そんな『三味線教室』もすごく楽しみです♪


津雲台商店街

2011/10/17

大きな地図で見る

津雲台商店街にある「ゆうえる」までの道のりを少し散策しながらご案内。まずは「津雲台センター前 」のバス停の前にあるピーコックが目印に!

津雲台ロータリー.jpg

そこから、ピーコックを右手に商店街の中を直進します。

津雲台商店街.jpg

左手の郵便局を過ぎて、つきあたりを右に曲がると

津雲台商店街2.jpg

そこに介護ショップ「ゆうえる株式会社」があります。

ゆうえる千里.jpg

おとなりには「おりなすカフェ」アンリのアップルパイも美味しいですよ~ 現在「おりなす倶楽部」はカルチャー教室として活動しています。

おりなす.jpg

そんな津雲台商店街で見つけた小さな花を撮影したのでアップ

花.jpg

津雲台近隣センターマップ。首をなが~くして、あなたのお越しを待っている、キャラクターの名前は「つくもっち」ゆるキャラ好きにはたまらなく可愛い!

津雲台カンバン.jpg

ぜひお立ち寄りください。


東北行き第三弾

2011/10/06
5月に、石巻の福祉避難所に寄贈したベッド手すり60台について、全員が仮設住宅に入ったので、引き取りに来て欲しい、との連絡がNPO団体のPCATからあり、またまた男3人で、車を飛ばして石巻に行って来ました。行きの車がカラなので、立ち上がり補助具のスタンバーZを30台積んでいきました。

今回は、少し先の女川町にも行きましたが、街全体が水に流された感じで、トラックが行き交い、ただ土ぼこりが舞っていました。 石巻は半年以上たって、ガレキはかなり取り除かれてスッキリしていましたが、復旧、復興などまだまだといった感じです。

人があふれていた福祉避難所も、人っ子一人おらずにガランとしています。 半年の時間を感じさせれられました。

避難所から仮設へ、という流れは一安心というところですが、現実は、仮設では一戸一戸が孤立しているため、新たな問題も出てくるようです。 立ち上がり補助手すりも、避難所では一気にたくさんの人に紹介できましたが、仮設では一軒一軒回らねばならず、数十軒回っただけに終わりました。

帰りは日本海廻りにしましたが、古いナビに振り回され、山形から新潟まで地道を走る羽目に。 結局、石巻から大阪まで12時間かかりました。東北の遠さをまた実感した二日間でした。