「ゆうえる」ワンエピソード:2012年9月

ラクーイとスタンバーで快適なベッド周り

2012/09/26
ベッド横設置手すりスタンバーを納めた時のことです。 ご退院後で呼吸がしんどいとのこと。 背中を少し上げて寝ることが必要な為、背上げクッションのラクーイもお求めくださいました。

スタンバーとラクーイの共演!最良のパターンがここに生まれました。

スタンバー.jpg

お部屋の色調や雰囲気にこだわりのある方で、ベッドの色に合わせたスタンバーをダークブラウン色の丸棒でオーダー製作しました。

ベッド下に鉄板を敷きましたが、結構揺れるので対策を求められましたが...。

ここで一工夫!

頭側にはタンスがあったので、タンスとベッドの間をTの字のバーで突っ張りました。

ラクーイ.jpg

もう一方は45センチ角・厚さ4㎜の板の端に、金属のL型アングルを取り付け、その板をベッド本体とマットレスとの間に挟み込みました。

板は、本体に両面テープで固定しております。

スタンバー2.jpg

そのアングルに丸棒をビスで固定したため、外からは固定したように見えないのでスッキリしています。 これで揺れが止まり、大変喜んでいただけました。


シルバーカーにお盆がのせられるテーブルを取り付けた

2012/09/19
シルバーカーに付けるテーブルを作成しました。
キッチンから食卓まで、食器類をお盆に載せて運びます。
お盆とシルバーカーの花柄が絶妙にマッチしています。

歩行器テーブル3.jpg

「パッ」と引っ掛ける事ができ、取り外しも可能。ガタつかないようにシルバーカーのフレームに、もたれかかるように固定します。

歩行器テーブル.jpg

歩行器テーブル2.jpg

お盆の裏には、シリコンのチョボを付けて、滑りにくくしていてお盆自体は、滑り止め加工付きを使用。

お盆裏.jpg

お身体の状態によって使用できる歩行器類は限られたりすることもあり、意外と家具と家具の間が通れなく使用できるものが限られたりする場合がありますね。

今回は「日頃から使い慣れているシルバーカーに食器を乗せて運べるようにしたい」とのことでした。

完成後に確認いただきましたら、利用者さまにも大変喜んでいただきました。


ハカラメ

2012/09/18
<訪問先で利用者様がニヤニヤして、「あんたにこれ、見せたるわ」と、「なになに?ん?は? えっ?!」
見せて下さったのは葉っぱから芽が出ていたもの。

「ハカラメ、言うねんで 何枚かもって帰り」ということでいただいて帰りました。

以前、別のお宅でも「コモチベンケイ」という植物を見せていただいたことがありました。弁慶草の仲間のようで、ハカラメは小笠原諸島、コモチベンケイは沖縄の植物なんですって。
面白い名前ですね。

頑張って育ててみます。うまくいったら再度アップしますね。

ハカラメ.jpg


※追記

半月程経って、順調に育ち可愛らしい芽がでてきています。

ハカラメ3.jpg

ハカラメ2.jpg

植物に愛着が湧きますね。


発掘調査現場でいたずらごころ

2012/09/08
発掘現場でいたずらごころ.jpg

金太郎の父、昭八くん(昭和8年生まれ)登場!
いたずら好きの昭八くんに、金太郎も目が離せない様子。
もちろん、すぐに教授には種明かしをしたようです。

のちに、世間を驚かせた時捏造事件を聞いて昭八くんはかなり反省したようです...。ばかですねぇ。


車いす用手作りスロープ

2012/09/02
車いすのご相談で訪問しました。 ご主人様の室内移動時に使用するとのこと。

車いすの説明後、奥様が「ちょっとやってみるわ」と...? 取り出してきたのは奥様手作りのスロープでした。

外出時には玄関を出たところまで使用したい、ということで以前に押入れで使用されていたスノコを再利用して作られたのだそう。

スロープ3.jpg

それぞれ分割されたパーツを「パパッ」とはめ込むだけですんなりスロープが組みあがります。ガタつきも無い。

スロープ2.jpg

2枚のスノコをはめ込んで使うのですが、レベル(水平面)も上がり框とドアの段差にピッタリで、完璧に収まっていました。

時間を見つけては製作に勤しんだそうです。「大変だったんじゃないですか?」の問いに「そんなに作るの時間かかってないし適当に作ったよ」ってそんなまた、謙遜な〜。

数日後、車いす使用感の確認をさせてもらったところ、スロープとの兼ね合いもお聞きしました。

スロープは修正を加えておられて、車いすの前輪キャスターの引っかかりを軽減するためスノコの隙間を縮めたことと、さらに滑らかに移動するため、使用されなくなったマットをカットして貼っておられました。

芸が細かい!

スロープ.jpg

そして室内段差もスロープを作って設置しておられました。

小スロープ.jpg

介護負担も軽減しバッチリ上手くいっているようです。思いやりの一場面に出会いました。