「ゆうえる」ワンエピソード:2013年1月

革製品の色剥げを目立たなくしたい

2013/01/30


以前、ソファ椅子の嵩上げをさせていただいたお客様宅です。

嵩上げ部分はこんな感じです。立ち座りの動作が安定し、大変喜んでいただいております。

 

椅子脚嵩上.JPG

 

訪問させていただいた際に、ご様子をうかがうと奥様が「あのソファの革素材の剥がれを目立たなくできない?」

もう10年以上愛用されている椅子とのことで、せっかく綺麗なお部屋なのに、革素材の剥がれが目立ってしまう...。


貼り直す程のことでは無いようで、目立たなく出来れば良いとのこと。

そこでこの「染めQ」という革製品用の染色スプレーを使用してみました。

 

染めQ.JPG

 

スプレーする前のソファのクッションはこんな感じ

染前.JPG


スプレーした後、少しだけ布で叩いて綺麗に仕上がりました。

染後.JPG

 

使用する前は「大丈夫かな?うまくいくかな?」と思っていたのですが、目立たなくなり奥様もご納得!

すこしシンナーのニオイはあるのですが、20分程の乾燥でおさまりましたよ。


庭の踏み台

2013/01/24

庭の敷石が、掃き出し窓のちょうど真ん中に置かれていて、どちらの窓側から降りるにしても、中途半端で危険とのことでした。
庭石.JPG

石は重いので、そのままにして、上から箱で覆いました。 
庭石施工後.JPG

家の設計者は、図面上で美しい配置をしたようですが、使う人の立場には立っていなかったようです。 
我々も学びにしたいところです。


吹田市津雲台防災訓練 平成25年度

2013/01/20

本日、吹田市津雲台自治会の防災訓練でした。


去年(24年度の津雲台防災訓練)も生中継班としてiPhoneFaceTimeを使って本部との中継を11で移動しながら行わせていただきましたが、今回は複数箇所から本部へ避難実況生中継をすることになりました。

 

ビデオチャットであれば、同時に複数人とのやり取りが可能(現在のところ限られたアプリケーションのみ)ですが、どれだけの人がそのアプリを使用していて、緊急自体にスムーズにやり取りができるか?も問題となります。

 

iOS6から3G回線が利用可能になったことと、FaceTime3Gで利用できるiPhone4SiPhone5の所有者が比較的多いため、各自治会から集めることは容易となりました。


 

iPhone.JPG 


本部ではプロジェクターに繋いで1台のみですので、各現場の方と繋ぎ直す必要がありましたが、スムーズに状況を中継することができたので一安心。

 

実況中.JPG

 

今回は、特別に大きな貯水タンクの場所へ案内していただきました。この下にあるようです。

貯水1.JPG

 

広くて眺めが良いので気持ちがいい場所なので、関係者のみの癒しスポットとのこと。羨ましい...

貯水2.JPG

 


前回は吹田の水でしたが、今夏は「めっちゃおいしいやん!大阪の水」をいただきました。

水.JPG 


去年も天気は良く、本日も晴天でしたが「災害時で更に悪天候の場合はもっと大変だろう」と改めて考えさせられる一日となりました。

ソラ.JPG





訪問棋士

2013/01/17
49訪問棋士.jpg

その後もMさんとの「なんちゃって碁」は続きました。
1分でも2分でも、Mさんが楽しい気分になれるといいな、と思う金太郎でありました。


スピーカー内臓のマクラ

2013/01/15

難聴のためイヤホンを使用して、横になってテレビを見ているとイヤホンで耳が圧迫されて痛むという相談。


逆の耳につけ変えればいいのでは?と思ったのですが「右耳の方が聞こえやすいので」あ〜なるほど。


「じゃあなるべく左側を下にして...と言い訳はナシとして。


「補聴器も持ってはいるが、テレビの音を大きくしないと聞こえない。圧迫されないような極小のものを作ることは可能だけれど、何十万もするので手が出せないよ」とのこと。


「そりゃそうです」


色々試したとおっしゃるので、たぶん小型サイズのイヤホンでも、有線部分が痛むのかな?と思ったり。


「ん〜...なにか方法はないかな?」


ちなみに加齢による難聴は感音性難聴であることが多いため、必ずしも骨伝導式が当てはまるとも言えません。


(後にも先にもまずは自身の耳の可聴域を知る必要がありますので耳鼻科で診察を。また結果のもと障害者申請をすると等級によって補助支給額は変わりますが、補聴器や信号装置の給付対象になります)


さて、どうしたもんかな?

枕から直接聞こえたらどうだろう?


薄型で平らなスピーカーならばヘルメット用スピーカーもあるのですが、枕の中に入れ込んで多少クッション性を上げるなら、まぁ結局はいっしょかな?ということで「こんなマクラがありますよ」とご紹介しました。


内蔵スピーカーには音圧レベル(dB)と周波数帯域が記されているので確認しておくのが良いですね。


また、骨伝導スピーカー内蔵枕もあるようです。


そういえば以前、バリアフリー展でみたスピーカー内蔵マクラはヒーリング・ミュージックが流れていて心地よかったので危うく寝そうになったのを憶えています。


マクラ.JPG



巳年ということで「スネーククッション」をご紹介

2013/01/05

明けましておめでとうございます!

本年度もゆうえるブログを宜しくお願いいたします。

 

巳年ということで、体位変換クッションのスネーククッション。体位変換器とは寝たきりの状態の方のポジションを保持したり、体位交換や除圧の際に用います。

 

様々な種類とタイプがありますがこれがそのスネーククッション

 スネーク.jpg

 

これは去年国際福祉機器展で展示されていたものです。


新スネーク.JPG

 

蛇のように長いので使い方のバリエーションが豊富なのも良いですね。