「ゆうえる」ワンエピソード:2013年5月

インテックス大阪のイベント、バリアフリー展にて。

2013/05/27

ちまたでは高反発が話題です。.jpg


今年のインテックス大阪のバリアフリー展来場者は昨年より少し多い93,290人だったそうです。
2014年は20周年ということで来年も楽しみですね。


自動採尿器男性用パッドを使用してみて

2013/05/16

Bさん。75歳男性。要介護2.パーキンソン病。6ヶ月使用。 

ヒューマニーを取り入れ始めたとき、私は「寝たきり」の方向けだと思ってました。 
いざお試しいただいたり、ケアマネさんの依頼を受けたりしていると・・・
「日中は離床して歩行もされていて、夜だけ使用」という機会が何度かあり、案外うまくいくケースが増えてきてびっくりしました。 

Bさんも日中はトイレにも行かれていて、夜だけの使用です。 

主介護者の奥様に聞くと 

「以前は夜中に4回ほど起きておむつ交換したり、漏れてたり・・・。 
それが、一晩で一回チェックする程度で済み、かなり楽になりました。 
夜間の交換の手間がなくなることが大きいですね。 
あとは、本人がぬれてないので、スッキリ感覚で夜が過ごせている事。 
これはいいです。」 とのこと。 

機械ものなので、「大丈夫かな?」的な感覚は常につきまとっているようですが、これは商品の改良次第って所でしょうか。 

姿勢 仰臥位 1015°ギャッチアップ 
尿量 約700CC0時~730分) 
排便 トイレにて 
パッド 男性用使用 

「負担の軽減」という目標がこれほどまでに明確に現れるヒューマニー。 
抵抗のある方もまだまだ多いですが、効果は絶大のようです!


男性用パッド.jpg



ヒューマニー(自動採尿器)を使い始めて。

2013/05/08

Nさん。75歳、女性 ベッド生活の方。 
ヒューマニーを使い始めてはや3年。 
感想と使用状況を主介護者のご主人にインタビュー。 
  
「以前とは比較にならないです。オムツでべチャべチャした感じでいさせているのを、悪く思ってました。 
ヒューマニーを使い出して、いつも乾燥しているので、本人がとにかく気持ちいいと思いますわ。 
あとはすべていい。経済的・体力面・本人の負担・衛生的・ゴミの量も減りました。」 
  
訪問看護・入浴サービスの利用もあり、ご主人のおむつ交換は週に3回程度で済むとか。(オムツのときは7.8回/日) 
すごい負担軽減! 

姿勢 仰臥位 
尿量 約2000cc タンクに2回満水 
排便 訪問看護にて その際は通常のオムツ使用に 
コスト 約400/日(オムツの時は約750円) 

ケアマネージャーさんから「ご主人の介護疲れが大変な状態なんで・・・」との依頼から始まったヒューマニーのご利用。 
お役に立てているようですね。

ヒューマニー.jpg




お口のケア「初みがき」

2013/05/01

初みがき.jpg

入歯洗浄、うがいはしても現場で歯磨きはあまり見かけませんねぇ。もっと意識を変えなければと思います。