「ゆうえる」ワンエピソード:2014年2月

腕をふること

2014/02/25

ノルディックウォーキングでシッカリ腕を振って.jpg
腕を振ると、背筋が伸びて、呼吸に良いようですね。
いつになっても、ご利用者様から教わってばかりの金太郎でした。




車いすとソファー間の移動

2014/02/19

ご利用者様より、こんなご相談を受けました。


車いすとソファーの間を移動の際に、イスの高低差や手元に適度な持ち手がないために『ドスン!』と腰を降ろしてしまったり、「立ち上がろうとしても難しい状況だったり...」との事。

 

当社レンタル手すりスタンバーの登場です。底辺を8cmの厚みをもたせた形状にし、その底辺部分をソファー下へ差し込めるよう加工しました。

ソファとスタンバー.JPG


8cm嵩上げ.JPG


 

ソファーの座面が8cm高くなる事から、高低差が抑えられます。同時に手すりも設置され、車いすとソファー間の移動も行ったり来たりがより安全です。


手すりを持つ右手の位置にも注目してみて下さい。

車いすとスタンバー.JPG


車いすとスタンバー2.JPG


車いすとスタンバー3.JPG

 

皆様のお役に立てればとK様は今回の記事掲載を快くお受け下さいました。ありがとうございます。


『歯磨きティッシュ』試してみました。

2014/02/12


ショップにご来店いただいた女性お二人のお客様同志で口腔ケアについてお話されていました。

 

介助者(ご家族様)がご本人様の歯磨きをされる際、『歯磨きティッシュ』を重ねてお口の中に置いておき、唾液のたまりを抑えるように使用している。

 

「そうすることで咽(むせ)ずに歯磨きができるのよ」とお話してくださいました。

 

 

口腔ケアは誤嚥性肺炎などを防ぐためにも重要ですが、苦痛が伴うと憂鬱ですよね。シッカリ優しくケアしてあげたいですね。



お口の汚れをふき取るためだけでなく、皆さん工夫して使われているなと関心しました。

 歯みがきティシュ.JPG

 


わたしもこの歯磨きティッシュを通常の使い方で試してみました。


この歯磨きティッシュは凹凸のあるメッシュ状のシートなのでお口と歯の汚れがしっかりふき取れました。キシリトールガムを噛んでいるような香りがお口の中に広がりましたよ。 

巻いた指.JPG

このように指先に巻きつけて歯磨きするように使用します。毎食後や就寝前に「サッ」と取り出して拭き取るだけでお口の中は爽快、さらに保湿効果もあります。


指巻きイラスト.JPG



三角コーナータイプのスタンバーを設置

2014/02/10


脊髄小脳変性症でふらつきがあり、転倒も多い方でした。廊下には手すりがあるのですがレンジ棚までの距離で転倒の危険性があるとのご相談でした。


壁の手すりやレンタル手すりでは場所や位置的に対応ができないとのことで、特注スタンバーの出番です


手前側には敷居とミニスロープがあるため、その分伸ばしてみました。 

敷居とスロープ.jpg


延長部分.jpg

底には鉄板を貼り安定させています。 廊下からの手すりの持ち替えも、スタンバーを延長したことで廊下手すりとの距離が縮み、持ち替えがスムーズに行えそうです。



写真に映っているのはこの家のご主人様、「あくび」ちゃんです。

あくび.jpg



ソリが付いた車いす

2014/02/08


北海道で発見しました!


雪国バージョンの車いす。小さな前輪キャスターは雪に埋もれてしまいますよね、そこで前輪にソリが付いています。

ソリ1.jpg 


ソリ2.jpg


ソリ3.jpg

雪国ならではというか、これが日常なのすね。


杖先アイゼンも見かけました。(アイゼンとは氷化した雪の上を歩くために靴底に爪を付けた靴のこと)

アイゼン.jpg

環境に適応して地域ならではの福祉用具があり、新しい発想に繋がりそうです。



一時外泊

2014/02/06

一時外泊.jpg


恐るべし麻雀の力!?
一時外泊時に楽しみにしてましたからねぇ~次は負けないぞぉ。


産後クライシスの恐怖

2014/02/05

産後クライシスの恐怖.jpg


「理由はない」のかな?
介護も育児も、もっとシンプルに考えようと思う金太郎でありました。



私の心を温かくしたお客様からの贈り物

2014/02/03

昨年末にお客様がお孫さんらしき青年とご来店されました。雨が降りだしていたので、お帰りの際にお二人に傘をお貸ししたところ



「ありがとう、傘は一本で大丈夫ですよ」



と青年はしっかりとお母様の手を繋ぎ、二人寄り添いながら一本の傘を差して帰って行かれました。


その後、途中でタクシーを拾って無事、家路に着いたそうです。

手をつなぐ.jpg


その青年は年明け早々、バイクに乗り傘を返しに来られました。



「借りたものは、早く返さないといけないもの」

 

「貸してくださってありがとうございました」



 

とお礼を言って颯爽と帰って行かれました。

 

とてもさわやかな青年で後ろ姿をお見送りしながら、ほんわか温かい気持ちになりました。


ハート目.png