「ゆうえる」ワンエピソード:2014年8月

男のロマンvs???

2014/08/26
金太郎39.jpg

救世主現る?!
排尿はすわるよりも立ってしたほうが身体にいいとか・・・。
金太郎は「男のロマン」を支援いたします。


ライフサポートりぼん様でおむつ研修

2014/08/25
今回はライフサポートりぼん様からご依頼いただきました。
場所は山田駅のほど近く、山田ゆいぴあをお借りしての出張研修です。
おむつ研修中.JPG

おむつの尿漏れの悩みはホームヘルパーさんのみならず、介護に携わる方々にとって大きな課題でもあります。

私達はそんな悩みを共有し、おむつの中で何が起きているのかを検証することで少しでも解決へ導くことができるよう "おむつ研修" の出張を行っております。


「なぜおむつからおしっこが漏れるのか?」日々の研修のなかで、おむつフィッターとして感じることは「これで全て解決!」という正解がないこと。

利用者さま一人ひとり体型や動きが違うなかで、いかに基本が大事かに気付かされます。


研修中は参加者の 当て方・巻き方・止め方がみるみるうちに変わっていくのが見て取れます。
おむつをはきくらべ.JPG

おむつマシンで排泄後の尿とりパッドやおむつを確認すると、有効に吸収面を使えていたのかどうかも判断できるので、「このようにパッドをあててみたらどうなるだろう?」とたくさんの疑問が湧いてきます。

「だとすると・・・あの利用者様にはこのパッドとおむつを使って違うあて方をしてみよう!」と、担当されている利用者様のお名前が頭に浮かぶことでしょう。
おむつマシンを見てる.JPG

これからも出し惜しみのない体験の提供をしてまいります。
ご覧の方も迷わず体験して下さい。

四国遍路の旅

2014/08/22

「四国遍路行ってはんねんなあ・・・」

当社の通信「ゆうえるだより」vol.69で表紙を飾ってから、こう声をかけられることが多くなりました。ちょっと嬉しいのですが、4年もかけてまだ徳島県内22番札所までしか回れていなことが恥ずかしくもなります。

 

なかなか休みが取れないので、大阪から車を飛ばして出発点の寺に行き、そこから歩き遍路で廻り、朱印の終わってしまう午後5時になるとバスや電車で出発点まで戻って、また車を飛ばして大阪に戻るということをゆっくり繰り返しています。

 

とはいえ、そこは弘法大師様の懐の深さ・・・なんとこの「巡礼」は、どこからまわってもいいし、どれくらいの時間をかけてもいいし、どんな手段でもいい・・・そんな度量の大きいものだそうです。そう考えると、そんな大きな世界にいるだけで、安心感に包まれます。

 

それにしても、四国の大自然のスケールの大きさは・・・。海に山に川に人に、これまでそこそこ旅をしてきた私でも、見たこともないような景色にたくさん触れています。

まあ、時間はあると思えば思い切りあるし、ないと思えばまったくないもの。自分のペースで歩いていきたいものです。

「疲れたら休むがよい。彼らもまたそう遠くへは行くまい。(ツルゲーネフ)」

 

kawa.JPG

 

henro.JPG

 


軽く手が置ける「イステーブル」

2014/08/22

イスに座った際に、楽に手が置けて、簡単な書き物程度ができるイステーブルを作りました。

板の上に肘を置きます。腕のカーブに合わせてテーブルがあるので、腕が下に落ちる心配がなく、肩にかかる力や緊張を和らげる効果があります。

肘と腕に力が逃げるため、首にかかる負荷が軽減でき、長時間座っている場合の肩こり防止や、姿勢の矯正にも役立つと考えています。

肘が当たる部分は、カーペット材を貼ってソフトに仕上げています。

マジックテープでイスの肘置きに半固定しており、ある程度の力が上側にかかると外れるようになっています。外れる強さは、マジックテープの面積で調整します。

車いすでの使用もできます。

 

CIMG7326.JPG

 


97歳の方が「楽になる」手すり

2014/08/19
車いす⇔マッサージチェアの移乗がいつも家族様2人がかりで大変っ! 

ということで、当社オーダースタンバーの出番です。 

手すり見本を使って、場所と高さを確認。手すりは約90cmの高さがちょうどいい! チェアは10cm高さを上げると立ちやすい!ふむふむ・・・ ということで、かさ上げ付の手すりを納品。 

 長女様はじめ家族様の介助で腰を痛めた移乗との戦いも、この600円/月 一台で終りを迎えそうです。 

本人様(97歳)、家族様が口をそろえて「これで楽になるなぁ」が印象的。 

見ていた奥さんが「よかったなぁ」(94歳) 

少しでもお役に立てて嬉しいひと時でした。いつまでも元気でお過ごしくださいね。
笹1.jpg
笹2.jpg



カラくないカラムーチョ

2014/08/17

 

 

今日の日経朝刊で、こんな記事を目にしました。

スナック菓子の湖池屋、小池会長のコメントです。

『発売前に、「こんな辛いものが売れるわけがない」と批判された「カラムーチョ」が、発売30年、年100億の主力商品になっていることがとても感慨深い・・・。』

 カラムーチョ.png

 

こんな話は本当に多いですね。社内にたくさんいる「批評家」が、だめになることを前提とした後ろ向き思考により、いろいろな理由を考えだして反対するものの、やってみたらヒットする・・・というある種の成功パターン。

 

でも考えてみると、こうして反対されることを覚悟してでも提案して実行しようという勇気と熱意が社内のどこかにあるということは、それは成功のマグマが眠っているということで、大いに救いようのある良い会社ということになります。だからこそ、業界の巨人であるカルビーを相手に長く健闘できているのでしょう。

社内に反対の渦が巻き起こるような提案さえできないような状況だと、その企業はすでに「死に体」といえるのかもしれません。

無茶といえるような提案でも出せるような雰囲気と土壌を会社に作っておくことが、企業繁栄のうえで大切なことだと肝に銘じます。

 

それにしても、湖池屋さんは、次に『カラくないカラムーチョ』を出すそうです。またぞろ、「カラくないカラムーチョなんて誰が食べんねん!」という批判が巻き起こることでしょう。しかし、売れる、売れないということよりも、そうした提案が出る土壌がある、ということが素晴らしいと思えます。

頑張れ、湖池屋!

 

カラムーチョ2.jpg

 


愛用のソファーに長く座りたい・・・

2014/08/17

 

最近、愛用のソファーやイスに座りたいが、立ちにくい、座りにくい、で困っているとのご要望を多くいただくようになりました。

 

ソファーは、当然ながらリラックスできることが目的であるため、座面が低く、クッション性に富み、後傾で、さらに立ち座りの際の手掛かりが乏しい・・・こうした傾向にあります。それは、ご高齢の方にとっては障害となることが多いものです。

 

とはいえ、これまで人生を共にし、長くくつろいできた愛用のソファーに一日でも長く座りたい、というお気持ちはよくわかりますし、そのご要望にお応えするのが当社であるので、これまでさまざまなことをしてきています。

おもに、下の4つの方法を組み合わせて、ご要望にお応えしています。

 

①座面の高さを上げる・・10センチ程度かさ上げすることで、ぐっと立ち上がりやすくなります。それでいて、それほど「ゆったり感」は変わりません。ソファーやイスのかさ上げと同時に、テーブルも同じ高さ分、上げる必要があることがあります。もちろん、お手持ちのベッドをかさ上げすることもできます。立ち上がりやすくなります。

CIMG2015.JPG

 

CIMG0157.JPG

 

CIMG6079.JPG

 

CIMG6889.JPG

 

CIMG0529.JPG

 

CIMG0501.JPG

 

P1030936.JPG

 

②手すりを付ける・・・ちょっと手掛かりがあるだけで、ふらつきもなく安心して立ち座りできるようになります。一部、介護保険が使えるものもあります。

CIMG656011.JPG

       (ベース部分はソファーの色に合わせて黒く塗装)

CIMG4871.JPG

 

ソファースタンバー.jpg

 

事例5.JPG

 

CIMG8191.JPG

 

③クッションの硬さを変える・・・たいがいは柔らかすぎます。膝が鋭角になるほど沈み込むと、立つのは難儀します。その対応方法は、クッションと本体の間に板を差し込み、深く沈み込みすぎないようにします。5ミリ程度の厚さのベニヤ板をクッションの大きさに切って入れるだけで間に合います。多少、座り心地が変わりますが、これまでの経験で、問題になったことはありません。

CIMG4745.JPG

 

④背もたれの角度を変える・・・後傾になりすぎている場合は、三角型のクッションを、ソファーの背もたれに合わせて製作します。これにより、背中が後ろに行き過ぎることなく、立ち座りが容易になります。姿勢もよくなります。

CIMG4864.JPG

 

CIMG4751.JPG

 

以上のようなやり方で、少しでも長く、ご愛用のソファーやイス、ベッドなどを使っていただけるようにしてきています。

 

それにしても、ソファーの修正ご要望が多くなってきている、ということは大変良いことだと思います。すぐに車いすやベッドといった介護用品に頼ることなく、これまでの生活パターンを続けられることが、本人様も家族様も安心できるし、自信が持てるのではないかと思うのです。


地中埋め込み、抜き差し型手すり

2014/08/17

庭に出る時に手掛かりがなくて不安だというご相談で訪問しました。確かに段差が大きく、庭に降りるときはかなりの勇気がいります。そのために、今は遠回りして庭に出ているとのこと。

しかし、庭に鉄棒のように手すりを取り付けられるのも、大きいものを庭に出したりするときに困る、ということでしたので、抜き差しできる埋め込み型手すりを設置しました。

深さ30センチほどまで四カ所、地中に筒を埋め込み、その上に、ずれないようにコンクリートベースを置きました。それから四本足の手すりを差し込むという方法です。いざとなれば、完全に現状復旧ができます。

これでご要望を満たすことができました。

CIMG7075.JPG

 

CIMG7081.JPG

 

CIMG7091.JPG


「思い」の強さ

2014/08/17

先日、テレビの経済番組で、リブセンスという就職サイトを経営する会社の社長が、その社是について聞かれ、「幸せから生まれる幸せ」という言葉を述べられた。史上最年少の上場企業社長ということですが、若いのに達観したことを言われるなあ、と感じました。

 

というのも、いろいろな会社の経営者の話をたくさん聞いたり読んだりしてきていますが、成長している会社の経営者の方々は、一様に「幸せをつくることが会社の目的である」ということを述べられるからです。商売は、初めは「お金を稼ぎたい」「余裕を持って暮らしたい」などの『欲』から入って、「人を幸せにして自分も幸せになる」という『幸せ』に抜ける、ということではないかな、といつも感じていました。

 

とはいえ、「人を幸せにする」ということも、ある意味、一つの「欲」であるわけで、結局は「欲」の強さが会社を強くし永続させる、ということなのでしょう。「欲」という言葉を、『思い』という言葉に置き換えるとすると、つまるところ、会社の成長や、社員、関係者、お客様の幸せに対して、どれだけ強い『思い』を経営者が持てるか、持ち続けられるか、が会社の命運を決めることになります。

 

こう書いてみると、自分にもちろん返ってきます。どれだけの思いを持っているのか、自問自答し、首をかしげざるを得ない状況を感じて「あかんなあ」と思ってしまいます。とはいえ、逃げずに前を向いて進むしかないわけで、これは多くの経営者の方々と共通の思いなのではないかと思っています。前進あるのみ。

 


ラジカセスタンバー

2014/08/14

夜のお共にラジオが欠かせない、というご高齢の方は多いのでは?

今回は、そんな方でしたので、当社のベッド差し込み型スタンバーに、ラジカセ設置用のベース板を付けました。

ラジカセは、粘着ジェルで半固定しています。

CIMG7049.bmp


茶箪笥スタンバー

2014/08/14

ベッドから台所に行く間に持つところが茶箪笥しかなくて不安だ、という相談で訪問したケースです。

茶箪笥がなければ壁に手すりを取り付けるところですが、茶箪笥はそのままにしたいとのご依頼でした。

このため、敷板にコの字型で手すりを設置し、その中に茶箪笥を置く形で解決しました。

この方は、玄関の門扉を出たところも不安だということで、同時に外部スタンバーを設置しました。

CIMG7169.JPG

 

CIMG6901.JPG


「仕事が早い○○工務店」

2014/08/14

よくテレビコマーシャルで見かける福屋工務店。俳優の三浦友和さんが、さかんに「福屋工務店 仕事が早い!」と言っているあれです。

 

なにを基準に「早い」と言うかは分かりませんが、仕事が早いのはお客様のニーズに合致していますから、とてもストレートで良いコマーシャルだと思います。

 

しかし、私があのコマーシャルを観て思うのは、あれだけ宣伝されたら、スタッフは仕事を早くやらざるを得ないだろう、ということです。きっとスタッフは、仕事が滞るとお客様から、「お宅は仕事が早いんじゃないの?」と冷やかされているに違いありません。

あれは、間接的にスタッフに仕事を早くしなさい、と社長がメッセージを伝えている、それがコマーシャルの隠された目的の一つではないかと思うのです。

 

早くするには集中しなくてはならず、その集中のモチベーションに、あのコマーシャルがきっとなっている、そして業績向上に寄与している、そんな気がします。

なかなか頭のよい戦略ではないでしょうか。

 

福屋工務店.png

 

 


世界に一つの行燈スタンバー

2014/08/14


広い玄関の上りかまちに、手掛かりがないので危険、との相談で訪問

しました。しかし、家族の別の方が所有する家なので、手すりを壁に

取り付けるのも気が引けるということで、置き型手すりをお勧めしました。

利用者様はデザインに凝る方で、家の中は装飾品がたくさん。 

なので、世界に一つだけのこの行燈スタンバーをたいそう気に入られました。

絵は、樹脂製のステンドグラスで、照明を中に仕込むこともできますが、

コンセントがなく、今回は見送りました。

 

行燈.jpg


裏は粘着マットと、横にあるゴルフバッグで固定。



あきらめていた浴槽出入りをコレで解決した!

2014/08/13


在来工法(木造軸組工法)は日本の風土に最も適し、長く引き継がれ発展してきた日本独自の伝統的な木造工法。


こんなお風呂でのお話です。 Google画像より→在来工法の浴槽


さて、入浴動作をイメージしてみてください。このような浴槽は洗い場よりも落ち込んでいるため、跨ぎに大きな段差があり安全に入浴するためには手がかりが必要となります。


なので、浴槽の淵を掴んで出入りしますよね?


壁側に工事で手すりを付けることが多いものの、浴槽から手すりまでの距離がある場合は使いにくいものになってしまいます。


「じゃあ!浴槽グリップを取り付ければいいじゃない?」と思いますよね。

(※解説 入浴補助用具であるバスグリップは取り付け取り外しができる浴槽の縁に取り付ける手すりです)


しかし...


在来工法の場合浴槽の縁が広すぎる場合が多く浴槽グリップの取り付けができないことが度々ありました。


数年前は「あと数センチで設置できない...。」

と涙をのむ経験をしてきましたが、あの頃と比べて対応商品も増え、最近では浴槽縁幅が31cmまで取り付け可能なものまであります。


これは湯~グリップ(ワイド)対応浴槽縁幅23cmまで取付が可能。

湯~グリップ.jpg


ご自宅での安全で快適な入浴を継続しましょう。



車いす日よけを付けたとしても...極力避けたい炎天下の外出

2014/08/12

「ベビーカーに日よけがあるでしょ、あんな感じで車いすに取り付けができる日よけないの?」とのご相談をいただきました。

 

はい。もちろんあります。

 

ただ...日よけがあるからといって熱中症にならないことはないので、なるべく日差しが強い時間帯の外出は避けましょう。

 

それでも、外出する場合はあるかもしれません。そんなとき少しでも直射日光を防げることにこした事はありませんね。

 

紫外線を通しにくい黒、通気性が良いメッシュタイプのTシェード』は車いすへの取り付けが簡単にできます。



シェード.jpg

 


ラチェット構造なので日よけ角度を変えることができて、リクライニングタイプ車いすなどにも取り付け可能です。

 

 

車いすに乗っている方への安全性を促す記事でしたが、車いす介助利用の場合、介助者の方が熱中症になりうる可能性も大いにあります。そんな事態が起こることのないように、熱中症対策を万全にしてこの夏を一緒に乗り切りましょう。


豊中市三和町のデイサービス金太郎様にてスタンバー研修

2014/08/09

吹田市にある当社の研修会場までなかなか遠くていけない・・・というご意見にお応えして、8月8日豊中市三和町のデイサービス金太郎様にてスタンバー研修を行いました。今回の研修では、23名のケアマネージャー様・PT様・施設職員様などに参加していただきました。


当社のことをあまりご存じない方のために、当社を取り巻く環境・主力商品であるスタンバーはなぜ生まれたか?の話の後、実際にオーダースタンバーの形状を考えていただきました。


20140808出張スタンバー研修.JPG

場所をお借りしたデイサービス金太郎様のトイレにはある問題があったため、このトイレに置くスタンバーの形状を、参加していただいた方に、4つのグループに分かれて検討していただきました。


20140808出張スタンバー研修2.JPG

便器の両側に縦の手すりを置く形や、既製品の高さを調節し前に置く形、既製品のトイレスタンバーの一部を伸ばして縦手すりとして用いる形等、案を出していただきました。


20140808出張スタンバー研修3.JPG

色々な立場の方のご意見を集合させることで、一番使いやすい手すりを考えることができます。皆さま和気あいあいと、しかし熱心に考えていただき、無事金太郎様のトイレの問題が解決!後日完成品をお持ちします。


20140808出張スタンバー研修5.JPG


20140808出張スタンバー研修4.JPG

参加いただいた皆さまのご協力のおかげで、大変有意義な研修になったと思います。本当にありがとうございました。


これからもゆうえるとオーダースタンバーをよろしくお願い申し上げます。


ゆうえるは、このようにご要望に応じて出張研修会を行っておりますので、ご入用の際はぜひお声かけいただければと思います。



環境に適応する変幻自在手すりの良いところ

2014/08/09


椎間板ヘルニアによる右下肢のしびれと疼痛で立ち座りが困難になっておられます。 

普通のスタンバー.jpg


ベッドでの起き上がりと立ち座りにベッド差し込みスタンバーを持参しましたが、木製ベッドの下部に引き出しが付いていて、しかもその引き出しは毎日使用されています。 そうなると特注の出番です。

 

手書き図面そして完成!

マット差し込み作図.jpg 

マット差し込みスタン.jpg

幸い約25cmの厚みのあるマットレスを利用されていましたので、ベースはマットレスに敷きこめば引き出しも使えます。 



ソファ座椅子ふたつならんで手すりの取り付け。

2014/08/07

以前ご紹介したソファの手すりの記事がでご紹介した方の追加ご相談。


奥様も立ち座りを安全にしたいとのことで、特注型スタンバーの追加となりました。


ご主人様は両手型、奥様は片手型の屏風タイプで、ふたつ並ぶことで元々あったご主人様用の右手手すりをお二人で利用できることになりました。 

ソファスタ.jpg


ソファスタ2.jpg


ソファスタ後.jpg

手すり高さは歩行補助にも使えるように少し高くし、ソファの肘かけに肘を乗せたいご希望も叶い、大変喜んでいただいております。


九州と四国

2014/08/06

高校野球が始まるといつも思うこと。それは、九州と四国の違いです。

私は20代に、九州長崎に5年、四国愛媛に3年住んでおり、

それぞれ第2、第3の故郷になっています。

 

それぞれの場所で何回かの高校野球を観てきましたが、

なぜか九州の人は、地元の県が負けても、引き続き九州の高校を

応援します。九州の高校がなくなるまで・・・。

逆に四国は、あまり他の四国3県を応援しないような気がします。

 

九州には、なにか「まとまり」のようなものを感じます。

言葉も違いはあるとはいっても「九州弁」としての共通点があるのに

対し、四国は「四国弁」とはいいませんし。

同じ「大きな島」であるのに不思議に思います。

 

地理的なことや、民族的なこと、歴史的なことなど、落ち着いて

考えると、いろんな理由が浮かんでくるでしょう。

この「不思議」をだれか解いてくれると嬉しいのですが・・・。

高校野球.jpg

 


あと少し...手すりを伸ばして不安解消

2014/08/06

ベッド差し込みスタンバーを歩行補助にも利用するため高くしていた特注スタンバー、今回は枝を伸ばす改良をしました。 


夜間のトイレ移動が困難になられ、ポータブルトイレ導入にともなっての改良です。 


脊髄小脳変性症により体幹バランスが落ち、動作時にふらつきがみられます。


お部屋の関係でポータブルトイレはベッドの正面。 


ベッドから立ち上がり、一二歩歩いて身体を回転、ポータブルトイレのふたを開けてからパジャマを下して、座る 。ベッドに戻る際は逆の動作が必要です。 


枝を伸ばすことで、一二歩歩くところの手がかりとしていただけます。
スタンバー改.jpg

帰りは手を伸ばせば枝に手が届きますから、より安心です。 
ベッドサイド改2.jpg

ちょっとした改造ですが、場合によっては有効ですからケースに応じて対応してまいります。


おすすめのとろみ剤4つのポイントから選んでみた。

2014/08/05


熱中症対策に水分補給は欠かせません。嚥下が難しくなると水分補給にもとろみ剤が必要になってきます。

 

ただ種類がたくさんあり何を選んでよいか分かりませんよね...。

 

そこで、ゆうえるカタログに記載されている15種類すべてを熱いお茶と、冷たいお茶に同量のとろみ剤を混ぜ、以下の4点にポイントをしぼって試しました。

 

  溶けやすく、だまにならない

  なめらかなとろみがつきやすい

  風味が変わらない

  見た目(素材の色)が変わらない

とろみ.jpg

 

このポイントから私が試したなかで、おすすめの商品はコレ


FFKとろとろトロミー(ホリカフーズ)500g

□トロミーナⅠ バージョン2 トロミタイプ(ウエルハーモニー)スティックタイプ3g×50

□ごっくりW(高橋物商)スティックタイプ2g×50包 

□とろみエール(和光堂)スティックタイプ2.5g×30

□つるりんこQuickly (クリニコ)スティックタイプ3g×50


ぜひ参考にしてみてください。


ご家族様の工事後の気持ちの変化

2014/08/04


ある利用者さんは姪の女性に介護を受けてられて、車いす生活で、週3回のディサービスに出かけていました。

車イス.jpg


自宅は玄関ポーチに25cmほどの段差があり、道路までには1.2mほどの段差に、7段ほどの階段がありました。


そこで、高齢助成金と住宅改修を利用して、スロープ化することになりました。


敷地の余裕があり、十分な長さのスロープにでき、車いすの移動は格段に楽になりました。



その後ケアマネジャーさんより伝え聞いた話によりますと、今までなぜ姪の私が叔母の面倒を見なくてはならないのかと悶々とされていたそうですが、工事の後こんなに楽になったので、いつまででも面倒を見てあげられると、気持ちが変わられたそうです。



住宅改修が人の気持ちも変えられることを知り、今でもその気持ちは忘れずにいます。



ゼロを1にする難しさ

2014/08/03

昔、理科で「静止摩擦係数」と「動摩擦係数」って習いましたね。

よく覚えていませんが、簡単に言ってみると、動いているものに力を

加えることよりも、止まっているものを動かすほうが大きな力がいる、

ということだったかと思います。

 

これは会社を始めてからよく思うことで、一度ルートができてしま

えば、それを膨らませていくことは容易ではないが頑張れば可能。

でも、何もないところにルートの起点を作るのは、これは大変な

エネルギーが必要になります。

 

商品開発や営業開拓も同じで、まったく無いところに有るものを

作ろうとするときは、これは大変。それができた人を大きく評価する

べきだと思います。これをすることで会社も社会も進歩していくわけ

ですから。

 

当社の「ゆうえる」という社名には、「無から有を得る」という意味も

含んでおり、当社の理念の中に、「ないものを作る」という考えを

埋め込んでいます。

「それはありません」「それはできません」という言葉を自分でも

すぐに言ってしまうこの頃...原点にちょっと立ち戻らないといけま

せん。


九州日帰りドライブ

2014/08/01

一昨日の休み、友人とドライブに行きました。

その友人が一度も九州に行ったことがないというので、

ぜひ阿蘇の雄大な景色を見せたいと思い、九州行きに

決めました。

とはいえ、二人とも連休などなかなか取れない身の上。

それで、1200Km日帰りドライブを敢行しました。

 

朝3時半に出発、淡路島を越え、四国を横断、佐多岬から

フェリーで大分へ。そこから湯布院を経由して阿蘇へ。

阿蘇は、外輪山を走り、草千里、中岳噴火口を見物してから

同じ道を通って大阪へ。

帰り着いたのは、深夜1時。日付が変わったので、厳密には

日帰りと言えないかもしれません。

 

天気も良く、友人も初めての九州の景色を大いに喜んで

くれました。一面に広がる牧草に、牛や馬がゆったりとたたずむ...

その向こうに火口からモクモクとあがる白い煙...確かに、

あの景色は関西にはとてもありません。持って帰りたいくらい...。

 

とはいえ、今回の結論はこれです。

「九州の日帰りはシンドイからやめた方がいい」

まあ、松山くらいで止めておいた方が身体のためというものです。

今でも、完全に疲れが取れていない感じです。まずい。

 

CIMG6885.JPG


三菱鉛筆の絶好調

2014/08/01

日経新聞で、三菱鉛筆株式会社が好調との記事を読みました。

このペーパーレスの時代に「鉛筆?」と思いましたが、実は

三菱鉛筆の売り上げに占める「鉛筆」の割合は、1割に満たない

そうです。

 

三菱鉛筆と言えば、「ユニ」「ハイユニ」など、子供心を揺さぶら

れたいくつかの商品を思い出します。プラケースのパチッとした

あの締め具合さえも思い出します。そんな会社が、今では、

シャーペンやボールペンでヒットを連発し、業績好調を続けて

いるとのこと。

 

同じようなことが「富士フイルム」でも言えます。社名に「フイルム」

とありますが、写真フィルムは売り上げのたった1%ほど。

「日立造船」に至っては、環境プラント会社となった今、「造船」と

いう社名ながら、船は1隻も造っていないそうです。

つまるところ、会社は時代に合わせて社業を変化させている

ということで、それができる会社が生き残る...まさにダーウィンの

進化論が経営でも当てはまるということでしょう。

 

それにしても、なぜ社名だけは昔のまま残すのでしょうか?

理由はよく分かりませんが、創業の精神、会社の生き様を社名に

語らせる、ということがあるように思います。

変えるべきことと、守り抜くこと...まさに「不易流行」のバランス

をうまくとることが、会社を長く、そして強く保ち続ける秘訣に

なると思います。

そんな会社が作れるのか...ここが問題。「分析」や「評論」なら

誰にだってできますから。

 ユニ.png