「ゆうえる」ワンエピソード:2014年10月

布団は叩かず丸洗い

2014/10/31

『ダメ!?布団を叩くのは良くない...』

 

 

布団にいるダニは なっ!なんと10万匹以上!!


ダニアレルゲン(ダニの糞・脱皮ガラ・死がい)を吸入したり、皮膚接触するとアレルギーに影響します。どうやら布団は洗わないとキレイにならないようです。

 

天気の良い日に布団を干している光景を目にします。時間帯は午前10:00~午後2:00くらいの湿気の少ない時(直射日光はダメ)が良いそうです。ただダニは退治できません。


布団を叩きすぎると中綿も悪くなり、保温力・透湿性も低下するそうなので、ホコリをはらう程度で、、、叩いて出てくるホコリのほとんどが、布団の中綿のちぎれた繊維なのです!


そして、叩きまくるとダニアレルゲンが表面へ浮上し肌に触れやすくなり、アレルギー疾患となる可能性があるのです。

mushi_dani.png

 

 

吹田市の高齢者在宅福祉サービスでは『寝具を干すことが困難な人』を対象にしたサービスがあります。
お知り合いでこのサービスをご存知でない方がおられたら伝えて上げて下さい。


便座を嵩上げすることでトイレの立ち座りがラクになる

2014/10/30

補高便座とは:膝関節手術により制限がある場合や、リウマチ等関節を曲げる事が出来難い場合にご自宅のトイレ便器を嵩上げする福祉用具。


補高便座を使用するとおしりの位置が高くなり立ち座りが楽に行えます。

 

便器の上にのせるタイプはフタが閉まらなくなりますが、便フタ付きなので、閉じることも可能(取り付け可能か便器によって異なります)

これは11cmも嵩上げできるタイプ

便座1.jpg

便座2.jpg

ネジ止めも不要で簡単に取り付けられるのも魅力です。


一昔前は10cmを超える商品はなかったので当社では5cmタイプなどを重ねたりしました。



奇跡のシーン

2014/10/29
マンガ40.jpg
残念ながら「一瞬の奇跡」に終わっちゃったようですね。
次の「奇跡」は訪れるのでしょうか・・・??




マッサージチェアを嵩上げして手すりを取り付けました。

2014/10/21

吹田市のS様、お気に入りのマッサージチェアでの立ち座りが腰痛のため困難になられました。 
新しい椅子の購入も検討されていましたが、座面を高くして手すりがあれば楽に立てそうです。 
考え方はソファタイプと同じですね。 


本日納品した特注スタンバー、一見するとただの手すりですが角度を変えると工夫が見えてきます。 


座面も高くなり、歩行時の手すりと立ち座りの手すり高さを変えてみると、お一人で楽に立ち座りいただけました。 
いろいろな組み合わせで提案させていただきます。

マッサージチェア.jpg
マッサージチェア2.jpg


マッサージチェア嵩上.jpg

マッサージチェア スタンバー2.jpg

マッサージチェア スタンバー.jpg


ウッドデッキの勧め

2014/10/11

ウッドデッキというと、高価なイメージがありますが、意外と身近で、最近では介護保険を使って踏み台や階段を作る際に、ウッドデッキを用いる方がおられます。

バリアフリー工事といっても、そこに住むのは人間ですから、安全性はもちろんのこと、やはり少しでも好みに合うワクワクできるような仕上がりにしたいものです。

木が好きな方は、クッションフロアやコンクリート仕上げよりも、ウッドデッキ仕上げが良いかもしれません。それほど価格に大きな違いはありませんから、どうぞご相談ください。

 

P1040915.JPG

 

IMGP4689.JPG

 

ウッドデッキ階段施工事例.JPG


ポータブルトイレの高さを上げる

2014/10/11

ときどき、ポータブルトイレの座面が低すぎて、一番高く調整しても立ちにくい、というお声を聞きます。

当社では、脚にゲタを履かせる、という簡単な方法で高さを上げています。もちろん、後方へ倒れることがないように考えて実施しています。

座いすや食卓いす、ソファー、テーブルなどの高さ上げも可能です。あきらめないでご相談ください。

 

木製補高台③.JPG

 

CIMG7558.JPG


秋のお勧め行楽地 「生石高原」

2014/10/11

和歌山の生石高原(おいしこうげん)に行って来ました。以前から気になっていた場所ですが、思っていたよりずっと快適で、景色と気持ちの良い場所でした。

 

ススキで有名な高原ですが、それほど観光地化されていなくて、人も少なく良い雰囲気です。ススキ原がゆるやかに続いており、その間を縫うように歩道が走ります。駐車場付近にある「山の家おいし」は、お土産や簡単な食事を提供しており、これもいい感じがします。

 

少し上ると展望台があり、そこからは、和歌山市街、橋本市街が見下ろされ、その向こうに淡路島、四国、神戸の山並みと海が見渡せます。反対側は紀伊半島の山々が連なり、360度の展望が楽しめます。夜には満点の星と、暗闇の遠く向こうに和歌山市の夜景が浮かび上がります。

 

吹田からは車で2時間弱。近畿道経由で海南東インターを下りて山道を走り高原に到着します。ススキの高原は、曽爾高原(奈良)や砥峰高原(兵庫)が有名ですが、私の感覚では、もっとも穏やかで景色に優れているのは生石高原だと思います。大阪からも一番近いでしょう。この秋に、一度いかがですか?

 

R0011498.JPG

 

R0011435.JPG

 

R0011438.JPG

 

R0011478.JPG