「ゆうえる」ワンエピソード:2015年11月

<研修>歩行補助車 フレンド

2015/11/30

11月25日 18:30~

株式会社ウェルパートナーズ様による研修会を開催して

いただきました

今回の研修内容は「歩行補助車」について。

機種としては「フレンド」。

この機種は前腕支持台に体重を預けるタイプとなっており、

実際に試したのですが、下肢への負担が軽減され自然に

足が前に出るような感じになりました。

ラビット1.jpg

 

また身長や用途(座面の有無)にあわせて7種類の

バリエーションがあるので、実際にお使いになられる方へは

最適なご支援が出来るのではないかと思います。

ラビット2.jpg

前回の研修での「車いすシーティング」同様に今後も知識を

広げるためにも、このような研修は大変有意義であり

一人でも多くの方のお役に立てるようにいろいろな研修に

参加したいと思いました。  (参加者:I)


7歳の星の女の子

2015/11/18

一般社団法人「おりなす倶楽部」は、当社が主催する高齢者ネットワークです。そこでカルチャー教室を行っていますが、全43講座まで展開しています。そのなかで、先日、印象的な場面がありました。『アストロ☆café(星と宇宙を語る会)』という講座。

 

社員が提案して始めた講座ですが、先日参加されたのは、7歳の女の子を連れたお母さん。当然、お母さんが話を聞きに来るのに、娘さんを同伴して来られた・・・とばかり思っていたのですが、実は大違い。お母さん曰く。「私はまったく興味がないんですが、娘が星が好きでいろいろ勉強して私に聞いてくるんですが、先生にちゃんと答えてもらったほうが、娘のために良いと思って来ました。」とのこと。えらいお母さんだと思いました。適当に応えることが嫌なんでしょう。

 

本人は、星が大好きで勉強していくうちに、星が爆発し、地球に落ちてくることが怖くなってお母さんにたずねたとのこと。先生から答えを教えられると、急に顔つきが変わって、そのあとは牛乳を飲みながら質問を連発、帰るころにはニコニコしていました。小学生が90分の授業に耐えられるのは驚異です。よく見ると、星がちりばめられた上下を着ていました。

 

この女の子が先生に「それは『わくせいじょうせいうん』だよね」と言っていました。何のことか分かりますか?私は分からなかったので、急いでネットで調べました。正解は『惑星状星雲』とのこと(中身はよく分かりませんが...)。好きなことは、小さな子でも物知りになるものですね。
ちなみに、「アストロ☆café」の受講最高齢は91歳の女性、最年少は今回の7歳。その差84歳! 宇宙は深い。

 

※『アストロ☆café』・・・第2・4水曜日14:45~16:15開催 詳しくは「おりなす倶楽部」でネット検索してください。

 

R0012315(1).JPG

 

R0012319(1).JPG


<研修>車椅子シーティング

2015/11/13

11月13日 9:00~10:00

日進医療機器株式会社様による研修を行いました。

テーマは、「車椅子のシーティングについて」。

シーティングとは、車椅子のシートが体に合い、座位がうまく

保てるよう車椅子の部位を調整することです。

 

その中でも、背張りの調節について、詳しく説明していだきました。

背張り調節は、円背の方に有効な場合が多いです。

また、円背でなくても、長時間 車椅子を使用される方は、

乗っている間にリラックスした姿勢になることが多いので、

そこでも背張りの調整が有効だということでした。

 

ただ、色々な意見があり、骨盤を立たせた姿勢で車いすに乗った

方が良いという考え方もあるようで、なかなか難しい問題だと

思いました。(参加者:M)

背張り1.jpg

 

背張り2.jpg