研修会 おむつの研修 【研修報告掲載】

4月23日(火)16時00分~18時00分
内容:おむつの中を覗いて、当社オリジナル排泄マシンで尿もれの検証。おむつのあて方について徹底検証。
対象:介護関係職・一般
参加費:無料

講師:おむつフィッター金濱道友
    


 
 詳しくは下記の画像をクリックしてご覧ください。(PDFファイル)
 ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

オムツ0423.JPG



【研修報告】

介護者のおむつ装着時の不快感と体への負担を軽くするには、介助者の適切なサイズ選択、パットの併用方法、性別、昼間と夜間の違いの認識がポイントとなります。


では、装着後のおむつ内ではどのような状態になっているのでしょうか。


今回の研修では実験と実務により確認をします。

まず、透明ビニールに空気を入れ膨らませたボデーにおむつを装着します。


ボデーより色をつけた消毒液が排出される仕組みとなり、尿がおむつ内の隙間や背中側へ流れ込む様子が確認できます。


参加の方々からは「思っていたよりも早い段階で漏れやすい状況ですね・・」との声。

尿漏れ.JPG


このような漏れや不快感の解決策としては、併用するパットの位置や昼間と夜間のおむつの種類の使い分けやおむつの装着方法があります。


装着方法により、足の締めつけ感も緩和されることから、次に参加者でペアとなり実際におむつ装着を体験して頂くと...

おむつ.JPG


「テープの止め方ひとつで足の動きが楽になるのですね」との驚き声が上がりました。


 オムツ.JPG


実際に見て体験する事により、新たな気づきがあります。今回の研修が今日からの現場で活かせて頂ければ幸いです。



このページの上へ