お客様物語

手すりで深まるお客様の絆

豊中市 O様、I様

豊中市のO様から、入退院を繰り返すご主人のために、出来る限り自宅で安全に生活できるよう住環境を整えてほしいとご依頼をいただき、手すりを設置させて頂きました。
ご夫妻と一緒に使い勝手や仕様などを一つひとつ確認しながら、ご期待に沿うよう設置したこだわりの手すりです。とてもご満足していただけました。


こだわりの手すり


マットレス
その後奥様から、「知り合いのIさんも困っているので一度相談にのってあげてほしい」とご連絡を頂きました。
I様は、奥様が一年ほど前に脳の病気で入院されていたときに、同じ病室に入院されていた方です。

早速I様宅を訪問し、身体状況や疾患(脳出血)、原因不明のめまいなどについてお話を伺いました。
私たちはまず、介護保険の手続きや制度、サービスの利用などについてご説明いたしました。
I様はとても熱心に耳を傾けていただき、トイレや浴室に手すりを取り付ける工事を行ったほか、入浴用具や腰の痛みを軽減するマットレス、リハビリグッズなどをカタログで選定し、サンプルを取り寄せて実物を確認していただきました。
実際の商品を試していただくことでI様も納得してマットレスをご購入いただき、腰の痛みなどが軽減したと喜んでおられました。


考案したタオル掛け

また、介護とは直接関係ありませんが、浴室の扉に取り付けているタオル掛けがすぐに外れて困っていると相談を受けたので、外れにくいタオル掛けを探すことになりました。
メーカーのタオル掛けは扉に後付けすることはできず、ホームセンターなどで少しでも手軽で外れないものを探してご提案しましたが、いずれも設置から1週間ほどで外れてしまうとのこと。
そこで、弊社住宅改修の担当者と取れないタオル掛け(特殊な接着剤とコーキングのダブル仕様)を考案し取り付けたところ、現在も取れることなくご愛用いただいているそうです。
既成品では難しいことでも、工夫して設置することで「困った」は解決できると実感した瞬間でした。


後日、O様・I様にお会いした際に、二人とも以前は一人で出かけることが不安で出来ない状態でしたが、手すりをつけたことで安全な住環境が確保され、リハビリを続けたことで少しずつ体力が回復し、今では病院への定期受診とお薬をもらいに行く日を以前の病室仲間と合わせて病院でのささやかな同窓会を楽しんでいるとお話を伺いしました。
お二人が良い仲間に囲まれ、ガールズトークを楽しんでいる様子が目に浮かびます。
当社の手すりが、お客様同士のつながりをより深めるお手伝いをできたことを大変うれしく思います。
O様I様、ありがとうございました。



このページの上へ