はじめての介護

今まで必要なかった「介護保険」突然の事で
何から、どのように進めればいいのかわからない
当然の事です。
ゆうえるでは、「介護保険」の事をご理解いただくまで
お話させていただきますので、お気軽にお問合せ下さいませ。

介護保険の利用には申請が必要です。

日常生活に支障があり、介護サービスを利用したい場合は吹田市に申請が必要となります。
申請すると、訪問調査や1次判定を経て介護が必要かどうか、またどのくらいの介護が必要なのかを介護認定審査会で審査・判定されます。
申請の種類
新規申請 はじめてする申請
更新申請 認定には有効期間があります。
有効期間の満了日の60日前から更新申請をすることができます。
区分変更 現在認定を受けていて、心身の状態が変化した場合
転入申請 他市で認定を受けていて、吹田市に転入した場合(転入後14日以内)
※前市町村の受給資格証明書を添付して下さい。
申請から利用までの流れ
1.申請する

申請の窓口は市役所介護保険課または地域包括支援センターです。申請は本人または家族が行いますが、省令で定められた居宅介護支援事業者や介護保険施設・地域包括支援センターなどに代行してもらうこともできます。

●要介護・要支援認定申請書
●主治医の意見書
●介護保険被保険者証
●健康保険被保険者証の写し
 (64才以下の場合)

2.要介護認定
訪問調査 心身の状況を調べるために、訪問調査員が聞き取り調査を行います。訪問調査員はご自宅や入院先、入所先まで伺います。

1次判定(コンピュータ判定) 調査票および主治医意見書の一部をコンピュータで分析し、要介護状態区分を導き出します。

2次判定(介護認定審査会での審査判定)「1次判定」の結果や「訪問調査」の特記事項と「主治医意見書」をもとに、どの程度の介護が必要なのかを審査・判定します。
審査会は、保健・医療・福祉の専門家による合議体となっています。


3.認定結果の通知

通知は申請から原則30日以内に届きます。要介護度に応じて、利用できるサービスや介護保険で認められる月々の利用限度額などが違います。


要介護
1~5の人

介護サービスを
利用できます。
●居宅サービス
●施設サービス
●地域密着サービス


4.ケアプランの作成

居宅介護支援事業者などに依頼して、利用するサービスの内容を具体的に盛り込んだケアプランを作成します。


要支援
1・2の人

介護予防サービスを
利用できます。
●介護予防居宅サービス
●介護予防地域密着型サービス


4.介護予防ケアプランの作成

地域包括支援センターが中心となって介護予防ケアプランを作成します。


5.サービスの利用開始

ケアプランに基づいたサービスを利用できます。



このページの上へ